テンアートニとJBoss、「JEMS」のサポートで戦略的パートナー契約を締結

CNET Japan Staff 2006年03月17日 08時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンアートニとJBossは3月16日、SOA対応のオープンソースミドルウェア群「JBoss Enterprise Middleware Suite(JEMS)」の日本でのサポートサービスと、認定エンジニアトレーニングサービスを共同で推進するため、戦略的パートナー契約を締結したと発表した。各種サービスの開始は、2006年7月が予定されている。

 この発表によりテンアートニとJBossは、JBoss Application Serverと、それを含むスイート製品であるJEMS導入の環境整備を目的に、「JEMS 製品サポートサービス」「JBoss Application Server 認定エンジニア試験の実施」「JBoss Application Server 製品トレーニング」「JEMS 導入支援サービス」を展開する。

 JBoss Application Serverは、オープンソースのアプリケーションサーバ製品。製品ダウンロード数は累計900万本を超えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから