編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

テンアートニ、OSS混入を調査し権利侵害をチェックする「protexIP v3.0」

ニューズフロント

2006-01-30 19:37

 テンアートニは1月30日、自社ソフトに対するオープンソースソフト(OSS)混入を検査するツールの新版「protexIP v3.0」を販売開始した。価格はユーザー数と検査対象ソースコードのサイズによって異なり、年額378万円から。

 protexIPは、自社ソフト内にOSSのソースコードが含まれていないかどうか調べることで、OSSに対する権利侵害の有無を確認できる。新版では、新たにバイナリファイルの検査ができるようになった。検査時に参照するデータベースであるナレッジベースを拡充し、OSSのほか500種類以上の商用ライセンスと、1800種類以上のリポジトリも検査対象に含めた。

 また、ライセンス名や会社名、作者名など、文字列で示したキーワードの有無も調べられる。一度検査に使用したキーワードは、自動的にナレッジベースに登録される。検索レポートは、ExcelやXML形式のデータで出力できる。対応OSは、Red Hat Enterprise Linux 3.x/4.x、SUSE LINUX Professional 9.xとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]