編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

JBoss、オープンソースプロジェクトのホスティングサイトを提供開始へ

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-03-01 16:37

 JBossが、サードパーティのオープンソースプロジェクトをホスティングする新しいプログラムを発表する予定だ。同社はこのプログラムを通して、パートナー企業ネットワークを拡大したい考えだ。

 JBoss Open Source Federationは、JBossのJavaベースのソフトウェアと連携するアプリケーションを開発するオープンソースプロジェクトをホスティング/管理するためのウェブサイトだ。JBoss幹部によると、同ウェブサイトは、ソースコード管理やバグ追跡、フォーラム運営などを行うための機能を提供するという。

 JBossは、Javaプログラムの構築や運用を行うアプリケーションサーバなどをはじめとするミドルウェア製品スイートを提供している。JBossは、今週アトランタで開催する初めてのユーザーカンファレンス「JBoss World」にて、Boss Open Source Federationを正式発表する予定だ。

 また同カンファレンスでは、技術文書や管理機能を提供するためのプログラム「JBoss Network」もあわせて披露される。JBossでは、JBoss Open Source FederationがホスティングしているプロジェクトにJBoss Networkを提供する計画だ。

 JBossの社長Marc Fleuryは、これらの新プログラムにより、パートナーネットワークを拡大し、JBossと連携するオープンソースソフトウェアの開発を支援したい、と述べている。

 またFleuryはJBoss Open Source Federationについて、SourceForgeやApache Foundationなど、非営利オープンソースプロジェクトのホスティングサイトに代わる新しい選択肢だとも説明する。

 同社はこの他、データベースアクセスソフトウェア「Hibernate」のバージョン3の提供開始も明らかにしている。最新バージョンは、Enterprise Java Beans 3.0仕様に準拠し、分析用の情報を格納したデータベースへのクエリーをより簡単に実行できるようになっているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]