結局のところ「アプライアンス」ってナニ?

増田克善 2006年06月20日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般的に「アプライアンス」とは、「器具」や「家具」や「電化製品」など全般を指す用語だが、特にIT用語としては、「特定の用途で使われるように最適化された機械や器具(コンピュータ)」のことを指す。つまり、「アプライアンスサーバ」と言ったときには、特定の用途向けに設計、開発されたサーバのことである。

 インターネット調査会社のIDCではアプライアンスサーバというカテゴリを、「ネットワーク対応で、特に限定された単一のアプリケーションサービスを提供するためにデザインされた製品。ノンプログラマブルでシステムの事前設定が施されたシールドシステム。さまざまな機能に最適化されたシステム、およびオペレーティングシステムとチップセット上で動作する。ハードウェアの更新はできないが、リモートアクセスによってアプリケーションとOSの更新を行う仕組みを持つ製品」と定義している。

 アプライアンスサーバのメリットは、まず汎用サーバと比較して低コストで導入でき、短期間でサービスを稼動できる点だ。サーバ機器本体に、特定の目的に必要なサーバソフトウェアがあらかじめインストールされ、通信環境に応じた複雑な設定は不要、あるいは容易に行えるように工夫されている。

 また費用面では、目的の用途に欠かせない機能に絞り込まれているため、一般的に汎用サーバに目的の機能を実装していくより低価格で必要な要件を満たせる。また、1台でさまざまな処理を担う汎用サーバと違って、負荷が少ない分だけレスポンスが高く、特定用途のサービスのパフォーマンスが最適化できる特徴もある。

 運用管理においても、使いやすいユーザインターフェースを持つ管理ツールが備わっていることが多く、ユーザーにとって使いやすいというメリットがある。

 一般的なPCやサーバは、ユーザーがハードウェアやソフトウェアを自由に構成することができ、さまざまな用途に利用できる反面、利用するユーザーには内部構造に関する知識や利用や運用に必要な知識および技術の習得が求められる。これに対してアプライアンスは、自由度はないものの、本来の意味である「家電製品」などに近い感覚で、技術に関する詳細な知識がなくても使い方が理解でき、トラブルなく運用できることが求められる。

さまざまな用途に使われるアプライアンスサーバ

Cobalt Qube画像 アプライアンスの概念をメジャーにした記念碑的な製品である「Cobalt Qube」。一辺約19センチの立方体に主なインターネットサーバ機能が詰め込まれていた。

 アプライアンスという用語がコンピュータ、ネットワーク業界で頻繁に使われるようになったのは1990年代末である。アプライアンスサーバの元祖というと無理があるかもしれないが、その概念が脚光を浴びるきっかけとして大きな役割を果たしたのはコバルト・ネットワークスのインターネットサーバアプライアンス「Cobalt Qube」だろう。ウェブ、メール、DNSに加え、ファイル共有やパケットフィルタリング、ファイアウォール、NATなどの機能を1台に実装したオールインワンサーバであった。アプライアンスサーバという用語をIT業界に広めるきっかけになった製品といえるだろう。同社は、2000年にサン・マイクロシステムズに買収され、その後、コバルト製品の販売は終了している。

 その後、これまでに数多くのアプライアンスサーバ製品が登場してきた。現在、このカテゴリを大きなくくりで見ると、ネットワーク、セキュリティ、ファイル共有などの分野で数多くの製品が提供されている。

 ネットワークインフラ系のアプライアンスサーバには、ウェブサーバ、メールサーバ、キャッシュサーバなどのアプライアンスがある。ホスティング事業者のサービスインフラ、あるいはイントラネット構築のためのビルディングブロックとして需要を伸ばしたこれらのアプライアンスサーバだが、汎用サーバのハードウェア価格の低価格化や、オープンソース系のインターネットサービスアプリケーションの台頭などがあり、2002年以降は市場は縮小している。

 その一方で、ロードバランシング(負荷分散)に特化したアプライアンスサーバである「ロードバランサー」の導入は進んでいる。ロードバランサーには、一般的にサーバの負荷を分散する製品と回線部分の冗長化、負荷分散を図る装置がある。また、最近ではファイアウォールやSSL(Secure Socket Layer)アクセラレータと統合されて負荷分散機能を提供する製品もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化