アップルの「Boot Camp」について知っておくべき3つのこと

文:Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2009年11月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、Mac上でWindowsを稼働させるためのソフトウェアとして、Appleの「Boot Camp」が「Parallels Desktop」や「VMware Fusion」よりも優れた選択肢となり得る3つの理由について解説する。

 エンタープライズテクノロジにかかわるプロフェッショナルの中には、MacにWindowsをインストールしたり、Mac上のWindowsを管理したりしなければならない人も多いことだろう。それは仕方がないことだ。Windows上でしか実行できないアプリケーションを必要とする分野は色々とあるのである。

 Macをデュアルブートできるようにすることで、企業はAppleのプラットフォームが持つ特長(高いパフォーマンスや、強固なセキュリティ、使いやすさ、信頼性、機能的なデザインなど)を手放すことなく、プラットフォーム間の互換性を手にすることができるようになる。AppleのBoot Campは、現在利用可能なデュアルブートソフトウェアのなかで最も素朴であるものの、大半の企業にとって最適な選択肢と言える。

 なぜなのだろうか?

 以下に、エンタープライズシステムの管理者がBoot Campについて知っておくべき(そして頭に入れておくべき)3つの理由について述べたい。

無償である

 そう、シンプルなことのようだがこれも立派な理由だ。Boot CampはAppleのMac OS X 10.5(Leopard)とMac OS X 10.6(Snow Leopard)に無償で同梱されている。しかし、さまざまな企業がParallels DesktopVMware Fusionといった製品を使用しており、彼らがそのために支払っている金額を総計すれば膨大な額に上るだろう。

 Parallels DesktopやVMware Fusionは確かに素晴らしい製品である。こういった製品を使用することで、Windows OSにアクセスするためにMacを再起動しなくても済むようになる。これによって作業時間の短縮を図ることができ、ソフトウェアのライセンス料やサポートコストといった投資以上の生産性向上を図ることができる企業もあるだろう。

 しかし、Mac OS XとWindowsを必要とするすべての企業ユーザーが、Windowsに即座にアクセスする、あるいはMac OS X内からアクセスする必要があるのだろう?

 おそらくそんなことはないだろう。

 ユーザーがシステムの再起動にかかる時間(たいていの場合は2分もかからない)待つことになっても構わないという企業は、Boot Campを選択することによってアプリケーションのライセンス料とサポートコストを削減できるはずである。

より高速である

 Boot Campを用いてWindowsを起動した場合の方が、ユーザーの経験するパフォーマンスレベルは高いものとなるはずである。Boot Campにより、Windowsはプロセッサの能力とRAM容量をフルに利用することができる。例えば、Boot Campを使用した場合のWindowsでは、プロセッサの全コアをフルに活用できるものの、その他の手法ではパフォーマンスの適切な最適化を期待することはできない。

 こういったパフォーマンス上のメリットを軽視すべきではない。複数のウィンドウ(インターネットや電子メール、プロプライエタリなビジネスアプリケーションなど)を同時に開き、ウイルス対策ソフトウェアやスパイウェア対策ソフトウェアも実行している状態で、ある程度複雑なグラフィック表示を行った場合、コンピュータのCPUやメモリチャネルに大きな負荷がかかる。2つのOSを同時に稼働させながら、こういった処理を行わせることも可能ではあるものの(それだけのハードウェアリソースがある限り)、Boot Campを使用し、単一のOSのみを稼働させている状態の方が、高いパフォーマンスを実現することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化