マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」とは?

文:Tim Ferguson 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年06月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--「Azure」というと、英語で青か紫のことだっけ。

 どちらかというと空色に近いかな・・・。ああ、そして、Microsoftが2008年10月に発表したクラウドコンピューティングプラットフォームの名前でもある。

--で、それは一体どういう意味なの。

 このサービスは、本質的にはコンピューティング能力とストレージを提供するサービスで、Microsoftの所有しているデータセンターに置かれていて、顧客はインターネット経由でこのサービスにアクセスするというものだ。

--もう少し教えてくれるかな。

 Windows Azureを使えば、基本的に、組織が新しくサーバを購入することなく、自由にコンピューティング資源を増やしていける。Amazonのサービスである、EC2やS3のアプローチと同じだね。

 新しいアプリケーションをリリースしたり、そういうアプリケーションのサポートをしようとしていて、何百万人ものユーザーが増えると予想されている場面を想像してみて欲しい。このサービスを支えるための機材を自分で購入する代わりに、そのサービスをAzureで動かせば、追加の処理能力なときに、Microsoftのサーバーに提供させることができるんだ。Fabric Controllerと呼ばれるAzureのツールを使えば、アプリケーションへのトラフィックが急増してもそれに対応できる。

 Azureを使うということは、単にウェブアプリケーションを使うということ以上のことだ。企業はAzureを使って、財務計算やバッチ処理による動画処理などの、高負荷の計算タスクを行うことができるんだ。

--ストレージについてはどうなの。

 ストレージについては、ユーザーは自分の持つデータ、例えば企業のデータベースなどを、Azure上に移動することができる。これは、ウェブが利用できれば、どんなデバイスからでも、どんなOSを使っていてもこれらのデータにアクセスできるということだし、ストレージを自分で維持する必要もない。また、Azureに置いたデータを扱うのに、Microsoftが開発したアプリケーションを使う必要もない。これは重要なことだよ。

--どういうこと?

 つまり、Microsoftが持っていた、技術を閉じたものにしておく傾向が、弱まっているということなんだ。Microsoftは、自社のエコシステムの中で、ユーザーが他のベンダーのアプリケーションを開発することを許すようになってきており、相互運用性も高めようとしている。

--それで、Azureを使うと何が嬉しいの。

 他のクラウドコンピューティング技術と同じで、柔軟性とコストがセールスポイントの中心だ。柔軟性については、サービスがホスティングされているため、従来の技術に比べて、企業はコンピューティングに関するニーズの増減に合わせやすい。コンピューティング能力を、必要に応じて利用できるからだ。

 コストについてだけど、他人のサーバでアプリケーションを実行すれば、節約になる可能性は大きい。余分なハードウェアを購入する必要もないし、電気代を払う必要もないからね。

--それで、このAzureとやらで、Microsoftは他に何をしようとしているの。

 Windows Azureは、実際にはAzure Services Platform(ASP)と呼ばれる広範囲にわたるテクノロジーの一部分なんだ。ASPを構成する他のサービスも、Azureと同じように、さまざまなソフトウェアによるタスクや計算処理を、企業がファイアウォールの制約を超えて外に持ち出すことができるように設計されている。

--Azure Service Platformは何に使えるの?

 開発者は、社内のコンピューティング環境をあまり必要とせずに、.NET Servicesを使ってアプリケーションを構築し、テストし、デバッグし、ウェブ上でそれを配布することができる。これはSalesforce.comがForce.comプラットフォームで提供しているものに似ているね。

 ASPの他のサービスには、SQL ServicesやLive Servicesがある。SQL Servicesは、リレーショナルデータストレージとクエリーを扱うものだ。Live Servicesは、ユーザーデータとアプリケーション資源を扱うための一連の技術で、ソーシャルアプリケーションの構築に役立つ。Live Servicesには、デバイス間やアプリケーション間でデータの同期を行ったり、IDやプレゼンス、検索などに関わる機能の構築手段を提供する、Mesh Servicesなども含まれる。

 また、SharePointとDynamics CRMをASPに組み込んで、これら2つのアプリケーションに拡張する機能を持たせる計画もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算