マイクロソフト、ビジネス分析ソフトベンダーを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年04月04日 14時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月3日、ビジネス分析ソフトウェアを開発、提供する同社のサードパーティベンダーProClarityを買収する計画を発表した。 Microsoftは、「SQL Server 2005」「Microsoft Office Business Scorecard Manager 2005」「Microsoft Office Excel」などの自社製品上で動くソフトウェアを開発するProClarityを買収することで、ビジネスインテリジェンス(BI)分野の取り組みを強化する狙いだ。今後、MicrosoftのOffice製品群やポータルソフトの「SharePoint」サーバ製品群はBIとコラボレーション機能を搭載する予定という。

 AMR ResearchのアナリストBruce Richardsonは、BI市場は今後注目すべき市場だと述べる。予算が限られた企業は、既存のアプリケーションを活用しながら従来より的確なビジネス決定を行えるようになりたいと思い、これを可能にする技術に投資したいと思っているからだ。Microsoftのビジネス部門プレジデントJeff Raikes氏は声明のなかで「今回のProClarityの買収は、パフォーマンス管理アプリケーションを提供するというわれわれの戦略と能力を強化するものだ」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!