オニックス、日本向けモバイルCRMソリューションでW-ZERO3を追加サポート

WebBCN (BCN) 2006年06月02日 12時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オニックス・ソフトウェア(中村薫カントリーマネージャー)は、日本市場 向けのモバイルCRMソリューション「Onyx Employee Portal Wireless for Japan」(OEP Wireless)でウィルコムのモバイル端末「W-ZERO3」のサポートを5 月31日に追加したと発表した。価格は1クライアント当たり5万4340円から。

 「OEP Wireless」は、エンタープライズCRMソリューションのモバイルソリ ューション。「W-ZERO3」をはじめ、NTTドコモのFOMA、movaシリーズのiモー ド対応携帯電話にも対応する。

 ブラウザベースのシンクライアントのインターフェイスが特徴で、XMLベースのプラットフォームに外出先からリアルタイムで安全にアクセスできる。シ ンクライアント方式のため、万一モバイル端末を紛失しても、顧客データが漏 えいする心配がない。

 今回サポートを開始した「W-ZERO3」では、電話や電子メールの発信や資料 発送オーダー、資料発送、タイムクリティカルなアラートの受信、商談状況の 更新・見積もり作成など、顧客サービスが提供できる。

 オニックスでは、スタートアップ・キャンペーン価格として1ライセンス当 たり3万8000円で6月末まで提供する。また、ウィルコムと販売協力を行い、大 規模ユーザー向けに販売拡大を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから