編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

富士通SSL、コールセンターの電話応答を録音して共有/分析するサービスを発売

ニューズフロント

2006-01-05 14:37

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は1月5日、コールセンター向け音声録音/共有/分析サービス「音声コンタクト 安全・安心・活用サービス」の提供を1月10日に開始すると発表した。ソフト費用を除いた価格は100万円からとなっている。

 このサービスは、コールセンターで受けた顧客からの問い合わせや要望、クレームなどの情報を、そのまま音声データとして蓄積する。保存したデータは、フィールドサービス担当者や営業担当者にそのまま転送したり、関係者のあいだで共有したりできる。データの抽出および分析機能を備え、音声データを波形としてグラフ表示することで、顧客の不満度やいらだち度などの可視化も可能という。

 オニックス・ソフトウェアのCRM製品「Onyx Enterprise CRM」を核とする「統合CRMフレームワーク」と、アニモの通話録音ソフト「VoiceTracking」とを連携させて実現した。富士通SSLが、導入コンサルタントからシステムの構築、運営支援までを担当する。

 富士通SSLでは、今後3年間で2億円の売り上げを見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]