富士通SSLが「PoweredSolution V6」発表--セキュリティを強化

ニューズフロント

2005-10-03 17:47

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は10月3日、ITシステムの設計から構築、運用までを一括提供する既存のソリューションサービスを強化し、「PoweredSolution V6」として10月11日より販売すると発表した。価格は個別見積もり。今後2年間で240億円の販売を見込む。

 強化内容について、同社は「強固なセキュリティ確保のニーズや、より迅速なシステム開発および改修のニーズに応えるため、ソリューションの素材となる製品およびサービスを大幅に強化した」と説明する。具体的な内容は以下の通り。

  • サーバセキュリティ強化
    「シンクライアントネットワーク構築サービス」「ユーザー認証強化サービス」など、サーバ側のセキュリティを強化するサービスを追加した。ウェブシステムのアプリ層の脆弱性診断や、脆弱性を排除したシステムの構築、セキュリティガイドライン教育、運用対策を一貫して手がける「セキュアプログラミング・ソリューション」も提供する
  • 業種向けテンプレート拡充
    金融業向けCRMテンプレート、製薬業向け業務プロセス管理テンプレートなど、10種類の業種固有業務に特化したテンプレートを用意する
  • 富士通製プラットフォーム「TRIOLE」対応
    富士通のIT基盤TRIOLEに対応。富士通SSLはアプリ製品および素材で構成されるテンプレートを用意する
  • ネットワークによる顧客サポート体制強化
    導入前の顧客に対しては、ウェブサイトでの情報提供と、問い合わせ総合窓口による迅速な対応でシステム導入検討を支援する。導入後の顧客には、カスタマーサービスセンターを通じ24時間365日の対応や、リモートネットワークでの運用保守などを提供する

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]