編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通SSLがインターシステムズジャパンのDBMSをSIサービスに採用

エースラッシュ

2005-05-10 19:28

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下富士通SSL)とインターシステムズジャパンは5月10日、両社がパートナ契約を行ったと発表した。

 富士通SSLは、インターシステムズジャパンが出荷するオブジェクトデータベース管理システム「CACHE」を自社のシステム開発に利用し、金融、製造、流通などの分野でのビジネスの拡大を狙う。

 CASHEの特徴は、単一のデータベース製品でありながら、オブジェクトデータベース、多次元データベース、SQLアクセスによるリレーショナルデータベースの3つの用途で使える点である。

 両社は今後、CACHEを基盤としたソリューションのラインアップを充実させ、積極的な提案活動を推進する予定だ。

インターシステムズジャパン

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]