MS、中小企業向け統合サーバSBSの最新版アップグレード施策を提供--ソフトの状態監視など新機能搭載

CNET Japan Staff 2006年06月16日 19時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月16日、中小規模事業所向け統合サーバ「Windows Small Business Server 2003」の最新版となる「Windows Small Business Server 2003 R2 日本語版」の開発が完了したことを発表した。

 Windows Small Business Server 2003 R2は、Windows Server 2003をベースとして、さまざまな新機能を搭載する中小規模企業向けサーバOS。ソフトウェアの状態監視や強化された電子メール機能、最新のデータベースとレポーティング機能などが含まれる。

 マイクロソフトでは、6月後半より順次、MSDNサブスクリプション会員向けに評価版のダウンロード提供や、TechNet Plusサブスクリプション会員向けに評価版の送付を行う。

 3月1日〜8月31日の期間にOEMメーカーやシステム開発会社からWindows Small Business Server 2003 SP1(Standard Edition/Premium Edition)を購入したユーザーは、申し込みサイトから登録すれば無償でWindows Small Business Server 2003 R2 Upgrade Media Kitを入手できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR