日立、PDA向けVPN製品の新版を提供開始--ウィルコムの「W-ZERO3」に対応へ

ニューズフロント 2006年07月18日 21時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月18日、携帯情報端末(PDA)向けVPN製品「IPSec ソリューション」と「SSL VPN ソリューション」を7月21日から提供開始すると発表した。いずれもウィルコムの高機能PHS端末「W-ZERO3」に対応予定。「無線LANやPHSの通信データを暗号化し、外出先から社内ネットワークへのセキュアなリモートアクセスを実現する」(日立)という。

 IPSec ソリューションは、VPNクライアントソフトウェアの新版「DOVPN」のライセンスに、保守やコンサルティングサービスを組み合わせて提供する。対応するプラットフォームは、「Windows Mobile 2003」、「Windows Mobile 5.0」などの最新モバイル端末向けプラットフォーム。

 SSL VPN ソリューションは、SSL VPNアプライアンス「Citrix Access Gateway」とそのソフトウェアのライセンス、保守、コンサルティングのほか、インストール支援、オンサイトサービス、ソフトウェア更新などを提供する。

 いずれも価格は個別見積り。なお両製品とも、7〜9月中にW-ZERO3への対応を行う予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR