日本SGIとサンが「SiliconLIVE!」ソリューションの共同推進で提携

柴田克己(編集部) 2006年07月27日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIとサン・マイクロシステムズ(サン)は7月27日、コンテンツライフサイクルマネジメント・ソリューション分野で協業し、共同で市場開拓を推進すると発表した。

 具体的には、日本SGIが提唱しているコンテンツ管理ソリューション体系である「SiliconLIVE!」のプラットフォームとして、サンのサーバ製品、ワークステーション、シンクライアントシステムなどを採用するほか、両社がそれぞれにサン製品を組み込んだSiliconLIVE!ソリューションの販売を行っていく。

 日本SGIでは、これまでSiliconLIVE!の推進にあたり、LinuxをOSとする自社ハードウェアを中心的なプラットフォームとして提供してきたが、今後は「OSやハードウェアを問わず、それぞれの顧客にとって最もコストパフォーマンスが高い組み合わせを提案できる」(日本SGI、代表取締役社長CEOの和泉法夫氏)とする。

 SiliconLIVE!は、映像、音声、3DCGといったインパクトの大きいリッチコンテンツによる効果的なコミュニケーションを推進するためのコンテンツ総合管理ソリューション。コンテンツの制作から、ユーザーインターフェースの構築、アーカイブ、配信、セキュリティ、ライツマネジメントまでを含む、コンテンツのライフサイクル管理にまつわるコンサルティングおよびインテグレーションビジネスを体系化したもの。

 今回の協業により、日本SGIが得意とする製造業、放送、メディア業界、サンが得意とする金融、流通、通信業界へ相互に拡販を進め、両社ユーザー企業の多様化と拡大を目指すとしている。

日本SGI、サン、提携会見画像 コンテンツ総合管理ソリューション分野での協業を発表した、サン・マイクロシステムズの代表取締役社長、末次朝彦氏(左)と、日本SGIの代表取締役社長CEO、和泉法夫氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!