日立電線とアルバ社、無線IP電話機と無線LANアクセスの接続性向上を目指す

WebBCN (BCN) 2006年09月07日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立電線と米アルバワイヤレスネットワークス(カリフォルニア州)は9月5日、無線IP電話事業の協業で合意したと発表した。2社は日立無線のワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」と、アルバ社の無線LANアクセスポイント「アルバAP」、複数のアクセスポイントを集中管理できる「モビリティ・コントローラー」の相互接続の向上を図る。

 相互の機器間の接続性を高めることで、顧客がワイヤレスIP電話システムを導入しやすい環境を整備する。国内だけでなく欧米やアジアでも協業ソリューションを展開。無線LANを利用したIP電話「VoWLAN」市場を牽引する。

 「WirelessIP5000」は、複数企業のSIPサーバーや無線LANアクセスポイントなどと接続可能なオープンスタイルのワイヤレスIP電話機。日立電線では、これまでの端末販売では無線LANアクセスポイントについて特定の機器を推奨せず、同機を導入するユーザーやインテグレーターに選定を一任してきた。

 しかし、無線IP電話の通話品質や機能向上には、無線LANアクセスポイントとの連携が重要であると判断。今回、無線LANシステムベンダーとして豊富な実績をもつアルバ社と、相互の機器間の接続性向上に向けた協業を行うことにした。今後、2社は展示会での機器展示やマーケティング活動でも協力していく方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?