ソーバル、ネットワークからメンテナンス可能なUHF帯RFIDリーダーライター

WebBCN (BCN) 2006年09月08日 08時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーバル(推津順一社長)は9月7日、次世代規格(Gen2)対応の高出力型UHF帯RFIDリーダー・ライター「URW950-H」を発売すると発表した。10月初旬から出荷を開始する。

 「URW950-H」は、チャネル固定機能や複数のチャネルを束ねて最高160kbpsの4倍速通信に対応し、高速でのICタグの一括読み書きができるのが特徴。また、ネットワークを通じて機能のアップグレードや不具合の修正などのメンテナンスが可能。

 同梱のインテグレーション支援ツールを利用すれば、リーダー・ライター配置を決定するためのパフォーマンス測定や、読み取り距離や通信速度の設定ができる。

 価格はオープン。実勢価格は「URW950-H」と、円偏波もしくは直線偏波アンテナユニットの最小構成で60万円から。なお、実証実験キットも同時に発売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!