編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

三菱総研など、国際標準ICタグによる日中韓サプライチェーン管理実験

ニューズフロント

2006-02-07 15:29

 三菱総合研究所(三菱総研)など7社は2月7日、国際規格に準拠したICタグによるサプライチェーンの管理実証実験を開始した。

 三菱総研のほか、富士ゼロックス、インターネットイニシアティブ(IIJ)、凸版印刷、日本ベリサイン、日本ユニシス、三井物産戦略研究所の7社が共同で実施する。

 富士ゼロックスが日本、中国、韓国で運用する工場と海外の部品供給会社に、ICタグを利用した管理システムを導入する。各拠点に合計19台のICタグ読み取り機器を設置。製品、ケース、パレット、コンテナなどに、UHF帯のICタグを貼付して管理する。

 同管理システムを受発注などの基幹システムと連携することで、サプライチェーンの在庫状況の可視化および適正化や、トレーサビリティの確保などを図る。また国内工場では、生産工程の前工程情報や作業者情報と連携するなど、タグの有効利用方法を検討する。

 実験に利用するタグや読み取り機器は「ISO/IEC 18000-6 TypeC(EPCglobal C1G2:EPC Gen2タグ)」に準拠する。7社では今回の実験後、検証した事項を国際標準として提案する予定だ。

 三菱総研が実験全体の事務局となり、実施計画策定や評価検証などのコンサルティング業務を担当する。富士ゼロックスは実験環境の提供やユーザーとしての評価のほか、業務アプリケーション開発なども手掛ける。

 三井物産戦略研究所はタグ情報管理システムの統括と評価分析、凸版印刷は機器の提供とシステムの整備、日本ユニシスはミドルウェア開発を担当。IIJはネットワークインフラの構築を行い、日本ベリサインはIIJとともにネットワークサービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]