編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

RFIDによるリアルタイムSCMの実現に向け--日本オラクルと日本HPが協業

ニューズフロント

2005-10-18 14:50

 日本オラクルと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月18日、リアルタイムSCM(サプライチェーン管理)の実現に向け無線ICタグ(RFID)技術の検証で協業すると発表した。両社は「今までRFIDに触れることのできなかったユーザー層を開拓するとともに、短期導入ソリューションを提供していく」としている。

 この協業で、日本オラクルはアプリケーションサーバ「Oracle Application Server 10g Release 2」のRFIDミドルウェア「Oracle Sensor Edge Server」を、UHF帯RFIDの実証実験施設「HP RFID Noisyラボ・ジャパン」に設置する。同施設は電波ノイズの発生しやすい物流現場を再現しており、実際の工場環境に近い状態でRFIDシステムの検証が可能となる。なお、施設の運営は、日本HPとトーヨーカネツソリューションズ、アイデックコントロールズ、スリークの4社が共同で行っている。

 さらに、日本オラクルと日本HPは、ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネントである「Oracle BPEL Process Manager」と「Oracle Business Intelligence」をベースに、総合的なリアルタイムSCMの実現を目指す。

 両社は、10月25日に東京プリンスホテル パークタワーで開催するOracle Fusion Middleware Dayの場で、協業の詳細を説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]