NTTデータなど3社、ICタグ使った「子供見守りサービス」実験結果まとまる

WebBCN (BCN) 2005年10月04日 11時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ(浜口友一社長)と東急セキュリティ(波戸社長覺)、イッツ・コミュニケーションズ(野本弘文社長)は、横浜市青葉区みたけ台地区において実施した、ICタグを利用したアイセイフティ「子供見守りサービス」の実証実験の結果を発表した。同実験は、NTTデータが全体のコーディネートおよびシステムの開発、東急セキュリティが警備サービス(地域内巡回と駆けつけ支援)の提供、イッツ・コミュニケーションズがタグ情報伝達のネットワーク基盤の提供を行った。

 同実験は、地域の保護者と警備会社が連携して、同地域の小学生などにRFIDタグを持たせ、子供達を犯罪から守ることを目的としたもの。4月5日から7月31日の118日間にわたって実験を行った。サービス内容は、(1)タグを持つ児童が、タグの通報ボタンを押すと、あらかじめ登録してある近所の保護者や警備員が助けに駆けつける「通報駆けつけ」、(2)見守り対象者が街中に設置されている身守りスポット(ICタグの電波を受信するレシーバ)のそばや校門を通過すると、保護者宛に通過情報をメールで知らせる「登下校(見守り)通知」、(3)インターネットや携帯電話のブラウザ機能を利用して、保護者が児童の居場所を確認することができる「居場所検索」の3種類。実験では、188人の見守り対象者数を用意し、実験地域内に27台の見守りスポットを設置。駆けつけ支援者には、215人が登録した。結果、53回の緊急通報があったが、すべて誤報だった。

 駆けつけ支援者として実験に参加した保護者からは、「登下校(見守り)通知」が好評で、特に外出の多い保護者に高い評価を受けた。また、「通報駆けつけ」のサービス提供時間は、学校の登下校を考慮し午前8時から午後6時までとしたが、24時間や夜間を希望する声はあまり多くなかったという。「居場所検索」の積極的な利用者は少なく、個人情報に関する心配の声は少なかったとのこと。今後については、サービスエリアの拡大やサービスメニューの拡充などへの要望が数多く寄せられた。しかし、コストやサービスエリア、誤報の防止などの課題が残されている。

 NTTデータと東急セキュリティ、イッツ・コミュニケーションズでは、今後子供の安全(防犯)について関心の高い保護者同士が協力しあい、理解を周囲に広げていき、自治体や学校などの協力を得ながら、同サービスの実験や導入などについて議論を深める取り組みを進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化