KDDI、携帯電話だけで利用できるCRMサービスを10月から提供開始

吉澤亨史 2006年09月28日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月27日、米Salesforce.comと共同で2005年10月から提供している「Salesforce Mobile Edition for au」に加え、「Salesforce Mobile Direct Edition for au」を10月上旬から提供開始すると発表した。

 Salesforce Mobile Edition for auは、オンデマンドCRM「Salesforce」の機能をau携帯電話で利用できるもので、現在約300ユーザーが利用している。外出の多い営業担当者などは、携帯電話からのデータ入力が可能であり、マネージャーは営業活動状況を把握したり、商談の進捗状況をパソコン上で確認できる。

 新たに提供されるSalesforce Direct Edition for auは、オンデマンド・プラットフォーム「AppExchange」上に構築されたアプリケーション。PC用のライセンスを取得することなく、au携帯電話だけでSalesforceの機能を利用できる。

 具体的には、Salesforceサーバにあるデータのダウンロードや参照、編集、新規データ登録、同期、検索をはじめ、CRM、SFAの機能をau携帯電話で利用できる。利用料金は、1ライセンスあたり月額1万5750円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!