ケータイiアプリからアクセスするSDカード上で動作するDBエンジンが発売

目黒譲二 2007年02月06日 21時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話・モバイル用アプリケーションツール開発を手がけるソア・システムズは2月5日、iアプリ(Javaアプリ)からアクセス可能なmicroSDカードやminiSDカード上で動作するデータベースエンジン「LCDB」の提供を開始した。

 LCDBは、SDカードの応用規格のひとつであるSD-Bindingを利用することで、大容量のmicroSDカードやminiSDカードを携帯電話の記憶媒体として、携帯電話端末のメモリ容量に制限されず大量のデータを扱うことができるデータベースエンジン。データをサーバから取得する必要もなくなるため、パケット料金を気にすることなく、必要なデータをいつでもローカルで利用できるようになる。

 また、独自ロジックのデータベースエンジンのため、少ないリソースで高速なデータアクセスが可能となっている。このほか、アプリケーションからのSD-Bindingによるコピーガード設定や、LCDB独自の暗号化などのセキュリティ機能を搭載。ユーザーの要望に応じたカスタマイズにも対応する。

 動作環境は、SD-Bindingに対応したFOMA端末。au、SoftBankのSD-Binding対応携帯電話にも対応の予定。販売参考価格は基本ライセンス料が250万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?