「ライバルはOutlookやBecky!」--ネオジャパンのIMAP4対応ウェブメール

藤本京子(編集部) 2007年02月21日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパンは2月21日、IMAP4(Internet Message Access Protocol Version.4)に対応したウェブメール「Denbun デンブン」を発表した。Flash版、Ajax版、モバイル版の3バージョンで提供する。

 ネオジャパンは、主力製品としてウェブグループウェアの「desknet's」を提供している。同製品にも簡易ウェブメールサービスは用意されているが、「内部統制対策としてメールの管理が求められる今、本格的なウェブメールサービスに対する需要が高かった」と、ネオジャパン 代表取締役の齋藤晶議氏は同製品の開発の背景について語る。

 Denbunは、IMAP4を利用して、メーラーに完全にメールを取り込むのではなく、サーバにメールを保管し続ける。メーラーからサーバのメールボックス全体が管理でき、メールの集中管理を実現する。送受信されるメールデータは全てメールサーバに保管される。

 齋藤氏は、「Denbunはクライアントメールと同等以上の機能を装備している」とアピールする。使い勝手や機能などが一部でもクライアントメールに劣っていると、浸透しないためだ。「開発にあたっては、OutlookやBecky!、Eudoraなどを意識した。これらのインターフェースには負けないつもり。Denbunと競合するのはウェブメールではなく、クライアントメールだ」と、齋藤氏は強気だ。

 具体的な機能としては、メールの送受信や検索機能、階層化されたフォルダの作成、開封確認、署名設定など、迷惑メールのドメイン指定、アドレス帳のインポートおよびエクスポート、ドラッグ&ドロップによるメールの移動、右クリックによるフラグ付けや差出人のアドレス帳への追加など。デスクトップアプリケーションと同様にマウスで直感的な操作できるようになっており、「メールソフトに必要な基本機能はすべて備えている」(齋藤氏)という。

 モバイル版は、NTTドコモ、au、ソフトバンクに対応しており、個体識別番号による簡単ログインをサポートする。

 一般的によく使われているPOP(Post Office Protocol)対応としなかった理由について、齋藤氏は、「IMAP4は運用管理が楽で、バックアップなどが容易に設定できることなどから、大企業ではIMAP4への移行が進んでいる」としている。

 ネオジャパンでは、まずdesknet'sを利用する大企業を中心にDenbunを販売したい考えだ。Denbunの価格は、1カ月1ユーザーにつき300円で、1年間の利用ライセンスとして10ユーザー単位で販売する。齋藤氏は、初年度の販売目標として「500社に採用してもらいたい」としている。なお、Denbunは海外での販売も視野に入れており、英語にも標準で対応している。

Denbun Denbunのインターフェース。ドラッグ&ドロップも簡単にできる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?