ウイングアーク、集計分析までできる「Dr.Sum EA Visualizer」新版を出荷

CNET Japan Staff 2007年02月23日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク テクノロジーズは2月22日、経営コックピット「Dr.Sum EA Visualizer」の新版となるVer2.5の出荷を開始した。

 Dr.Sum EA Visualizerは、多次元高速集計検索エンジンである「Dr.Sum EA」で集計されたデータを、チャート機能やグラフィカルなイメージでポータルに表示し、データの可視化をはかるツール。ノンプログラミングで経営者から現場担当者まで全社規模のデータ活用を実現できるようになっている。

 新版では、ブラウザ上で数値データを集計する「Dr.Sum EA Datalizer for Web」との連係機能を強化。Dr.Sum EA Visualizerの経営コックピットのグラフをドリルダウンすることで、データの詳細な数値情報をDr.Sum EA Datalizer for Webの画面上で確認できるようになった。また、簡易掲示板機能や管理者運用機能、集計ドリルダウン機能の強化が図られ、ユーザーインタフェースも改良された。

 税別価格は1サーバあたり250万円から。

スクリーンショット Visualizerのキャプチャ画面
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR