NTTコム、IP-PBX・SIPサーバ利用企業向けにVPN直結型IP電話サービス発表

CNET Japan Staff 2007年03月08日 18時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は3月7日、IP-PBX・SIPサーバでIP電話システムを構築する企業向けに提供する新サービス「.Phone Direct」を発表した。4月2日から受け付けを開始する。

 同サービスは、企業の事業所を結ぶVPNとIP電話網をダイレクトに接続し、IP電話システムからの外線通話を可能にする。IP-PBX・SIPサーバによるIP電話システムの事業所間接続のネットワークには、「Arcstar IP-VPN」「e-VLAN」「Group-VPN」を利用。各VPNからダイレクトにNTTコムのVoIP基盤網に接続することで、外線通話に050番号/0ABJ番号を利用できる。また、社員それぞれに1つの電話番号を割りあてる「1社員1番号化」もできる。

 主要メーカー10社のIP-PBX・SIPサーバに対応する。価格は、1外線チャネルあたり月額800円。

概要 .Phone Directのサービスイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR