編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ブロケード、MS、NTT Comの3社、WAFSソリューションの共同検証を開始

ニューズフロント

2006-02-08 14:48

 ブロケードコミュニケーションズシステムズ、マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の3社は2月8日、広域ファイルサービス(WAFS)統合ソリューションの実現に向けた共同検証を開始した。検証作業は2月末まで実施する。NTT Comは、得られたデータを参考にして、オンデマンドホスティングサービス「AGILIT」のメニューとしてWAFSを提供する予定だ。

 検証は、NTT Comの施設を統合拠点として、全国展開している同社の広域網を使って実施する。ブロケードのWAFS製品「Tapestry WAFS」とマイクロソフトのストレージ用サーバ「Microsoft Windows Storage Server 2003」を分散拠点に配備し、拠点間の帯域や距離、使用するファイルサイズなどを変えながら、通信処理に関する実測値を集める。3社では「(顧客への)WAFS統合ソリューション提案時に(収集したデータを)活用する」としている。

 なお、検証内容の詳細と結果は、ブロケードのウェブサイトで公開する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]