NECソフト、フィルタリングと暗号化の連携メールソリューションを販売

CNET Japan Staff 2007年03月20日 20時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトは3月19日、メールフィルタリング製品「GUARDIANWALL」とメール暗号化製品「PGP Universal」を連携させた「GUARDIANWALL+PGP」ソリューションの提供を開始した。

 GUARDIANWALLは、NECソフトが2000年から提供してきたメールセキュリティソリューション。今回、同社が米PGPのメール暗号化ゲートウェイソリューションであるPGP Universalを製品ラインアップに加えたことで、機密情報を含むメールをゲートウェイで自動的に暗号化し、より安全な環境でメール送受信ができるソリューションとして提供できるようになった。

 同ソリューションでは、GUARDIANWALLによってメールサーバを通過するすべてのメールを検査・保存。さらに、PGP Universalによって、送信許可がおりたメールのうち、個人情報や機密情報を含む重要なメールを暗号化して外部に送信する。この一連の流れは自動的に連携して行われるため、利用者に負荷がかかることはない。

 価格は、50ユーザーで289万円(税別)から。今後3年間でSIサービス、保守を含めて3億円の売り上げを目指す。

 なお、PGP Universalは、マクニカネットワークを通して単体でも販売する。

概念図 システムの概念図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!