編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

マクニカネットワークス、米社製の電子メール暗号化ゲートウェイ製を発売

WebBCN (BCN)

2006-01-30 12:16

 マクニカネットワークス(中島潔社長)は、米国PGP Corporationの電子メール暗号化ゲートウェイソリューション「PGP Universal 500 Gateway」を発売した。同社と「PGP Universal」の日本国内における販売代理店契約を締結、PGPの大手企業や官公庁を中心に販売する。

 「PGP Universal」は、電子メールの暗号化と、暗号化や電子署名に必要となる暗号鍵の管理を行うゲートウェイ型の製品。利用中のメールクライアントやメールサーバーなど既存のネットワーク構成を大きく変更せずに導入することができる。

 DMZ(DeMilitarized Zone)などに配置することで、発着する電子メールトラフィックのプロキシとして動作し、あらかじめ作成しておいたセキュリティポリシーに従って暗号鍵生成・管理やメッセージの暗号化・復号化、署名、鍵の検証を自動で行う。さらに、POPやSMTP、IMAPなど各種標準メールプロトコルに加え、S/MIME(PKI)を利用して電子メール暗号化をしているユーザーや、電子メール暗号化ソフトを利用していない受信者に対しても適用できるため、社外の受信者に対しても企業のセキュリティポリシーを適用することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]