編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本PGP、企業向け暗号化ソフト発売--英語版発売から1カ月で国内投入

ニューズフロント

2006-11-13 18:41

 日本PGPは11月13日、企業向け暗号化ソフト「PGP Whole Disk Encryption」「PGP Universal Server」「PGP Universal Gateway Email」「PGP Desktop」の日本語版を販売開始した。

 日本PGPによると、新たに販売する各ソフトは、ユーザーインターフェースの改善、マニュアルの改良、エンドユーザーおよびIT管理者に役立つ数多くの機能強化を実施したという。

 「英語版の発売後わずか1カ月後に日本語版を投入することで、国内市場への貢献を続けている」(日本PGP)

 主なソフトの概要は以下の通り。

  • PGP Whole Disk Encryption
    ハードディスクなどの記憶メディア全体を透過的に暗号化することで、ユーザーに意識させることなくデータを保護する。Windowsとのパスワード同期機能により、シングルサインオンが可能。新たに、Mac OS Xでもブートドライブ以外に対しても使えるようにした
  • PGP Universal Server
    日本PGPの暗号化プラットフォーム「PGP Encryption Platform」に対応する全アプリケーションを、単一画面から管理できる。最新版で、暗号化動作を定義するポリシー管理の機能を拡張した
  • PGP Universal Gateway Email
    送受信するメールを暗号化する。最大50Mバイトという大きなサイズのメール配信に対応した

 また、日本PGPは、ネットワークフォルダ内のファイルを暗号化するソフト「PGP NetShare」の販売も開始した。同ソフトを使うと、ファイルサーバなどで共有するファイルを自動的に暗号化し、権限を持つユーザーだけに読み取りや変更を許可することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]