「メールセキュリティを包含する製品は需要が高い」--米CipherTrustのJay Chaudhry会長

日川佳三 2005年03月17日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子メールのセキュリティアプライアンスを開発する米CipherTrust。主力製品の「IronMail」は、メールサーバに必要なセキュリティ機能を1台に集約した機器だ。米国での実績を受け、国内でも東京エレクトロンが2月23日にエントリ機種「IronMail S-10 Secure Platform」を初めて出荷した。

メールの保全に特化した専用機器

 IronMailとは、Unixベースで開発した独自のセキュアOSに、独自開発のメール中継ソフトを乗せた製品。自ホストに対する攻撃を既知の攻撃パターンに照らし合わせて防御する不正アクセス防止機能も備える。この中核機能に加え、ウイルス/スパム対策機能、メールの署名・暗号化機能、社内のウェブメールサーバを使うためのウェブプロキシ機能を備える。

 メール中継機能では、システム的にスパムを遮断する方策として、1個のTCPコネクションを切らずに複数のメール中継を依頼する振る舞いを禁止する機能を備える。この方法は、時間あたりのメール配信数を増やす方法として一般的であり、世の中のメール配信サービスがよく採る手法である。このほか、Sender IDやSender Policy Frameworkなど、メールを発信したメールサーバを認証するための各仕様を利用できるようにした。

 ウイルス対策機能は、Sophos、McAfee、他社のOEM(相手先ブランドによる生産)供給から成る3種類のウイルス対策ソフトを搭載した。いずれか1つまたは複数を組み合わせられる。スパム対策機能は、アドレスなどヘッダ情報のフィルタリング、中継を許可/禁止するホワイト/ブラックリスト、メールの中身を判別するコンテンツ・フィルタリングで構成する。

 署名・暗号機能は、SSL(Secure Socket Layer)、S/MIME、PGP(Pretty Good Privacy)を実装した。公開鍵暗号化方式を用いて電子署名や通信内容の暗号化を実現するもので、SSLとS/MIMEは特に信頼できる第三者が署名した電子証明書を用いる。SSLは、メールソフトとIronMail間、およびIronMailと相手のメールサーバ間を認証し、通信を暗号化する。 S/MIMEとPGPは本来はメールソフトとメールソフトとの間のエンドツーエンドでの電子署名と通信内容の暗号化をする機構だが、IronMailと他のメールサーバとの間での認証と暗号化にも利用する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算