ドコモとKOS、携帯電話の位置情報活用したオフィスソリューション実験を開始

CNET Japan Staff 2007年05月15日 20時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとコクヨオフィスシステム(KOS)は5月14日、KOSのオフィス構築ノウハウとドコモの技術力を組み合わせたソリューション提供を行うなどの協業に向けた検討を開始することで合意したことを発表した。

 今回の検討作業の一環として両社は、オフィス内における携帯電話所持者の位置情報を利用してさまざまなサービスを提供するシステム「WPS(Wireless LAN Presence System、仮称)」の共同実験をKOSオフィス内で実施。WPS利用の可能性を探る。

 この実験で検証を行うWPSは、KOS霞が関ライブオフィスで5月17日、18日に開催されるイベント「レゾナンスフィールド」で公開する。その後、5月21日から6月末まで、事前予約制で一般公開を行う。

システム概要 WPSのシステム概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?