テリロジー、独AstaroとUTMアプライアンスの国内販売代理店契約を締結

CNET Japan Staff 2007年06月12日 13時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テリロジーは6月11日、独Astaroと国内販売代理店契約を締結し、同社が提供するUTM(Unified Thereat Management:統合脅威管理)ゲートウェイアプライアンス「Astaro Security Gateway」シリーズの販売を6月12日から開始すると発表した。

 同製品は、ファイアウォール、VPNゲートウェイ、IPS(不正侵入防御システム)、ウイルス/迷惑メール対策、ウェブ/FTPプロキシ、コンテンツ・フィルタリング、スパイウェア/フィッシング対策、メール暗号化など、9つのセキュリティ機能を搭載。セキュリティを強化したOS「Astaro Security Linux」を採用している。

 POP3でのスパム(隔離)対策、Winnyに代表されるPtoP対策、HDDと連携したウイルス(デュアルアンチウイルス)対策を実現し、ブリッジ型設置(透過モード)に対応する。

 価格は、ローエンドの中小企業向けモデル「Astaro Security Gateway 220」で45万9000円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR