編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ジュニパー、ネットワークアクセスセキュリティ製品最新版を発表--ポリシー管理とユーザー認証を提供

CNET Japan Staff

2006-07-28 15:44

 米国のJuniper Networksは7月26日、ネットワークアクセスセキュリティ・ソフトの最新版となる「Odyssey アクセス・クライアント(OAC)4.5」と「Steel-Belted Radius(SBR)5.4」を発表した。

 OAC 4.5は、ネットワークへの優先接続、ワイヤレス・セキュリティ、ユーザー名プロンプト、EAP(認証方式を備えたPPPの拡張プロトコル)の追加サポートなどの新機能を搭載。ネットワーク制御、ユーザビリティ、セキュリティといったOACの既存機能を強化した製品。

 一方のSBR 5.4は、IPアドレスの範囲指定によるRADIUSクライアント、管理者によるファイルパーミッション制御の拡大、ロギングの改善、LDAP認証の範囲内でのJavaScript有効化などを追加することで、管理と設定をさらに容易にし、認証と管理を強化している。

 ジュニパーネットワークスの正規販売代理店であるテリロジーを通して発売される。価格はオープン。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]