ステラクラフトなど、Linux環境下での検疫ネットワークソリューションを発表

CNET Japan Staff 2007年06月18日 10時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ステラクラフトは6月15日、RADIUS認証サーバ「Enterpras Std」シリーズに、ヌリテレコム製統合運用管理ソフトウェア「NASCenter Net-ADM」との連携ツールを追加し、「Enterpras Std for Net-ADM」として販売すると発表した。

 同製品は、Enterpras Proをベースに、一般企業/学校のネットワークアクセスに必要な機能を抜粋し、ユーザー認証基盤を使いやすい管理ツールとともに提供する製品。認証対象ユーザーと認証機器をグループ化して管理できることが特徴だ。

 NASCenter Net-ADMと連携したことで、検疫サーバ環境をすべてLinuxで統一。ユーザー認証からRADIUS認証、検疫までをシームレスに統合できるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!