編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

東芝、中小企業向け情報漏えい対策アプライアンス製品「PC運用上手」

ニューズフロント

2007-06-04 16:02

 東芝は6月4日、情報漏えい対策やウイルス対策機能などを備える、中小企業向けのPC統合セキュリティシステム製品「PC運用上手」を発表した。7月31日に販売を開始する予定。クライアントライセンス30本で税込み102万9000円からとなる。

 この製品は、PCの操作監視/制御や検疫ネットワークなど、情報漏えい対策に必要な基本セキュリティ機能を備える。IAサーバとソフトを組み合わせたアプライアンスと、クライアントライセンスで構成する。

 東芝では、「高度なIT専門知識がないユーザーでも、分かりやすいメニュー画面から操作して一元管理することにより、簡単に情報漏えい対策を実現できる」としている。また、IT機器の登録、変更、持ち出し、返却処理をウェブ上の申請/承認機能で実現することで、資産管理も効率的に行えるという。

 管理対象クライアントPCの対応OSは、Windows 2000 Professional、XP Professional、Vistaとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]