CTC、コグノス製BIソリューションの国内販売などで協業

ニューズフロント 2007年06月18日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とコグノスは6月18日、ビジネスインテリジェンス(BI)分野の販売活動などで協業すると発表した。

 これにより、CTCは、コグノスのBIプラットフォーム製品「Cognos 8 Business Intelligence(BI)」などと、ほかの各種BI関連製品を組み合わせ、BIソリューション構築事業を展開する。さらに、コグノスが海外で先行リリースしたソリューションを国内展開する際には、両社で協力していく。

 コグノスとの提携について、CTC取締役兼常務執行役員でエンタープライズシステム事業グループ担当役員である桜庭慎一郎氏は「BI分野で30年以上の実績を持つコグノスと契約締結したことで、コグノスが今後海外で先行してリリースする先進的ソリューションを日本でいち早く取り入れることが可能になった。これにより、BI関連ビジネスにおいて、より幅広い提案が可能になる」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから