秋田銀行、NTTデータ地銀共同センターに参加--参加行は近く15行に

CNET Japan Staff 2007年06月19日 12時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは6月18日、同社が構築・運営する「NTTデータ地銀共同センター」に秋田銀行の参加が決定したことを明らかにした。

 秋田銀行は、以下の点を評価して地銀共同センターへの参加を決定した。

  • システムコストの大幅な削減が可能
  • システムの稼動実績
  • システムの移行実績
  • 自社の戦略を自由に策定できる柔軟な商品/サービスの設計が可能

 地銀共同センターは、NTTデータのバンキングアプリケーション「BeSTA(ベスタ)」がベースとなる金融機関向け共同利用型システム。今回の秋田銀行の参加で参加銀行数は12行となった。すでに利用意向を示している銀行もあり、近く15行が参加する見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから