KCCS、統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer」の最新版を提供

CNET Japan Staff 2007年06月29日 09時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は6月28日、米Lockdown Networksの統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer(ロックダウン エンフォーサ)」の新版4.5の提供を開始した。

 Lockdown Enforcerは、既存のネットワーク資源をそのまま利用したポリシーエンフォースメントを実現するNAC(ネットワークアクセスコントロール)方式の統合型検疫アプライアンス。

 今回の新版では、Network Access Protection(NAP)との連携や、NAP非対応デバイスに対するNAPで定義されたポリシーの適用を可能にした。

 また、従来のポリシー制御に加え、IDS・IPSとの連携も実現。ネットワーク接続後のウイルス感染の検知・隔離など、より包括的なセキュリティソリューションとして活用できるという。

 なお、システム連携にはsyslogを利用しているため、特定の機器に依存せず、追加機器の購入も不要だ。

 今後1年間で2億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR