編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

KCCS、Winny対策機能を追加したクライアント検疫ソリューション

WebBCN (BCN)

2006-07-10 09:53

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、ファイル交 換ソフト「Winny(ウィニー)」対策機能を追加したクライアント検疫ソリュー ション「NET BUREAU POLICY ENFORCER」を7月10日に発売する。「Winny」対策 機能の月額利用料は1ID当たり980円で、年間1万IDの販売を見込む。

 「Winny」対策機能は、「Winny」の起動痕跡を記録することで、ネットワー ク接続時に事前に定められたポリシー(方針)に従って接続を拒否できるのが 特徴。NET BUREAU Clientでネットワークに接続したPCがWinnyを起動した場 合、その瞬間にそのPCをネットワークから切断することができる。再度ネット ワークに接続しようとしてもWinnyの起動痕跡が残るため、接続を拒否できる。

 管理者は月次レポートで社内のセキュリティポリシー浸透状況や、ポリシー 違反者を把握も可能で、ポリシーに対する抑止効果も期待できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]