日本オラクル、内部統制の管理プロセスを自動化するアプリケーション提供

田中好伸(編集部) 2007年07月03日 15時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは7月2日、内部統制管理での一連のプロセスを自動化・最適化するアプリケーション「Oracle Governance, Risk, and Compliance Manager」(GRCM)を7月3日から提供することを発表した。

 またGRCMのオプションとして、職務分掌管理ツール「Oracle Application Access Controls」(AAC)、業務処理統制モニタリングツール「Oracle Application Configuration Controls」(ACC)、企業内でのガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)に関連した情報を分析するツール「Fusion Governance, Risk, and Compliance Intelligence」(Fusion GRC Intelligence)も7月3日から提供を開始する。

 GRCMは、ビジネスプロセスでのリスクとコントロールをリスクコントロールマトリックスで管理し、テストを実施し、不備・欠陥の把握から改善処理、有効性の評価と報告といった業務を支援する。

 オプション製品のAACとACCを導入することで、IT統制で重要度が高い、職務分掌と業務システムの設定変更管理が可能だ。Fusion GRC Intelligenceをあわせて活用することで、企業全体の内部統制状況を可視化、分析することができる。

 またGRCMを、オラクルのGRC製品群の一つである、グループ会社のデータ収集・連結、連結データの高度な分析を行うアプリケーション「Financial Consolidation Hub」と併用すれば、コンプライアンス要件への対応、監査の効率化を実現できる。

 日本オラクルではGRCMの専任組織を発足し、IBMビジネスコンサルティングサービス、新日鉄ソリューションズ、ソピア、NEC、日本ユニシス、日立コンサルティングなどと連携して積極的に展開していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!