日本オラクルとライトワークス、内部統制Eラーニングシステムを共同提供

ニューズフロント

2006-10-19 23:54

 日本オラクルは10月19日、社員研修向けの内部統制Eラーニングシステムをライトワークスと共同提供すると発表した。税別価格は750万円(1000ユーザー、1年間5コンテンツ)となる。

 先ごろ成立した金融商品取引法(日本版SOX法)によって、企業には内部統制システムの構築が求められている。これに対応するため、日本オラクルとライトワークスは、業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」の教育管理システム「Oracle Leaning Management」および「PeopleSoft Enterpriseラーニングマネジメント」の2製品に、ライトワークスの内部統制教育を中心としたEラーニングコンテンツを搭載して提供する。

 このシステムを利用すると、ユーザー企業の社員はEラーニング形式でコンプライアンスや内部統制で必要とされる知識などを習得できるという。また、両製品の学習管理機能を使うことで、社員の受講状況、知識レベル、受講者の学習進捗度を把握し、効率的かつ適切な社員教育の実施と内部統制監査が実現するという。

 教育コンテンツは全部で22種類あり、必要に応じて自由に選択できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]