編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

住商情報とSAPジャパン、ERP導入サービス支援強化に向け共同事業計画を策定

ニューズフロント

2007-05-28 19:57

 住商情報システムとSAPジャパンは、ERPシステムなどの導入サービス支援強化が目的の戦略的共同事業計画を策定し、合意に至った。両社が5月28日に明らかにしたもの。

 両社は、重点協業分野として(1)ビジネスプロセスプラットフォームを実現するSAP NetWeaverの推進、(2)コンプライアンス関連(Governance Risk Compliance:GRC)ソリューションの推進、(3)マスタデータ管理(MDM)製品の導入サービス強化」――を挙げ、協業体制を強化する。特に、マーケティング、プリセールス、共同プロジェクト推進から導入完了後のアップグレード支援サービスの提供など、長期的かつ継続的な支援サービスの構築/提供を計画に含むという。

 また、 自動車産業を始めとする製造業、消費財、小売/流通業、金融業を重点業界と位置付け、新規顧客開拓、サービス体制の拡充などで協力していく。具体的には、これまで分散していたSAP関連リソースを統合し、約350人の専任部隊を設立する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]