日本ユニシス、処理性能が50%向上した中小型エンタープライズサーバー

WebBCN (BCN) 2007年07月27日 12時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは、米ユニシスのメインフレーム用OS「MCP」で動作する中小 型エンタープライズサーバー「CS400Lシリーズ」を発売した。税別価格は、最 小構成で月額52万円から。

 インテルのクアッドコアCPUを搭載し、処理性能を約50%向上させた。カー トリッジテープ装置として高い信頼性を持つLTO Ultriumテープ装置を基本パ ッケージに含めることで、安全で効率的なデータの外部保管ができるようにし た。

 きょう体は設置環境に合わせてタワー型とラックマウント型を選ぶことがで きる。タワー型は100V電源を採用。データをテープで外部保管する場合には、 MCPテープスタック機能で従来の18/36トラック形式のテープを、最新の高密 度LTO Ultrium2/3形式のテープに集約。保管スペースを削減とデータの機密 性を高めた。テープの暗号・複合化処理は、専用回路で処理するため、MCPシ ステムに負荷をかけず効率的に行える。

 また、CPU間で処理性能を再配置する「Performance Redistribution機能」 を標準装備。業務に合わせて柔軟で迅速に対応できる。標準で提供する基本ソ フトウェア群では、これまでオプションだった高いセキュリティ機能を持つソ フトウェア・コンポーネントを追加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR