日本IBM、業界初のブレードサーバー用フラッシュメモリ、HDD比23倍高速

WebBCN (BCN) 2007年08月01日 12時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBM(大歳卓麻社長)は7月31日、半導体を採用した業界初のブレードサーバー向け内部記憶装置「ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)」を8月15日に発売すると発表した。直販価格は、容量が15.8GBのシングルタイプが7万7700円、31.6GBのデュアルタイプが15万5450円。

 SSD はアクセス速度の速い半導体メモリを採用した記憶装置で、ケーブル接続で高速なデータ転送が可能なシリアル転送方式「SATA(Serial ATA)インターフェース」を採用。HDDに比べ最大23倍のアクセス速度を実現した。消費電力はHDDの87%と少なくて済み、4枚のブレードサーバーをシャーシに搭載した場合、ブレードサーバー約1枚分の電力を節約できる。

 HDDのように、本体内部にメカニカル構造を持たないため衝撃に強く、摂氏0-70度の温度でも動作する。IBMのブレードサーバー「IBM BladeCenter モデルHS21 XM」用に特化したSSDの利用が可能。SSDはHDDの約3倍の耐故障性を備えており、HDDを2個で「RAID-1」構成を組む場合よりも高い信頼性を確保している。SSDはNEBSレベル3に準拠する。SSDはオプションで選択可能。

 日本IBMでは創立70周年を記念し、SSD(デュアルタイプ)と「IBM BladeCenter HS21 XM」を同時に購入することを条件に、SSD(デュアルタイプ)を先着100台に限り、1台70円で販売する。8月1日から9月15日までキャンペーンサイトで受け付ける。

日本IBM=http://www.ibm.com/jp/
「キャンペーン申し込みサイト」=http://www.ibm.com/jp/bk/ssd70/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!