Java EE 5サーバのGlassFish V2、ベンチマークで好成績納める

荒浪一城 2007年08月01日 19時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Java EE 5のリファレンスインプリメンテーション実装である「GlassFish(Sun Java Systems Application Server 9シリーズ)」のベンチマーク結果が、The Aquariumにおいて相次いで公表されている。

 7月10日に公表されたSPECjAppServer 2004の結果では、883.66 JOPSを叩きだしている。データベースは、IBM DB2。ハードウェアは、Sun Fire T2000 (1 chips, 8 cores) 1.4Ghzである。

 一方で、7月24日にはオープンソースソフトウェアを用いた結果も公表している。GlassFish V2においてデータベースは、PostgreSQL 8.2.4で813.73 JOPSである。ただし、ハードウェアの構成には変更が加わっている。

 GlassFish V1のベンチマーク結果は、778.14 JOPSである。

 このようにGlassFish V2では、4.5%の性能向上が33%下回るハードウェアで出されている。この結果は、GlassFish(Sun Java Systems Application Server 9シリーズ)が安価なハードウェアでより良いパフォーマンスを発揮するものだと、Sunは述べている。

 SPEC(Standard Performance Evaluation Corporation)は、標準化されたベンチマークの策定・管理及び認定を行っている非営利団体である。各社のベンチマークの結果一覧は、こちらを参照されたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから