Webサイトデザインを省力化--CSSフレームワーク「Blueprint 0.5」

原井彰弘 2007年09月04日 17時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CSSフレームワーク「Blueprint」のバージョン0.5がリリースされた。BlueprintはCSSで記述されたライブラリ。Blueprintを用いることで、ウェブページのコンテンツを簡単にグリッドに沿って配置することができるようになる。

 バージョン0.5は実験用のバージョンと位置づけられている。0.5では、グリッドのカラム数が14から24に増えてより柔軟にレイアウトを組むことができるようになったほか、フォントのサイズや水平線の太さなどで、emに代わってpxが単位として用いられるようになり、バージョン0.4で生じていたブラウザの種類によって表示が崩れるという問題が解消された。ただしこの修正によって、IEを用いた際にブラウザから表示されているページのフォントサイズを変更することはできなくなった。さらに、タイトルや本文等に用いられるデフォルトのフォントにも変更が加えられている。

 このように、バージョン0.5では仕様に変更が加えられて0.4との互換性はなくなっているため、0.4も引き続きダウンロード可能となっている。次バージョンの0.6ではフォームに関するCSSも追加する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR