Amazon.comがWeb 2.0なデザインに?:サイトリニューアル案が公開中

荒浪一城 2007年09月28日 18時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comが自社サイトにおいて、サイトデザインのリニューアル案を公開中だ。デザインだけでなく、ドロップダウンメニューなどからサイトを回ってみることもできる。また、同社は一問一答形式でリニューアルの意図を説明している。案が固まるまでの道のりがわかる内容になっているため、その一部を紹介したい。

 「なぜ、サイトを変更するのですか?」との問いには――

 Amazon.comが1995年にオンライン販売を始めた際は、書籍のみを取り扱っていたが、現在、Amazon.comには工具からおもちゃまで40以上の部門があり、それらの分野から1つの商品を見つけることを容易にしたかったという。

 「どのようにデザインを決めましたか?」との問いには――

 Amazon.comは、この分野で最先端の専門家であり、(サイトの)ユーザーでもある方々に相談した。我々は世界中を飛び回り、ユーザーに新機能とデザインを試してもらったのだ。Amazon.comは、それらのフィードバックを聞き、彼らの意見に肉付けさせて変化させた、とする。

 「何が変わったか?」との問いには――

 「買い物」、「検索」、「節約」、「購入」の4つに集中した。ユーザーが繰り返して行っている4つの活動が、Amazon.comで最も重要なことだと言える、と回答している。

Amazon.comのリニューアル案 Amazon.comのリニューアル案

 Amazon.comでは、リニューアル案についてコメントを求めている。Webデザイナーや開発者は意見を送ってみるのもよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR