B-EN-Gと日本オラクルがSOA分野で協業強化--B-EN-G内にSOA推進専門チームを組織

CNET Japan Staff 2007年10月01日 16時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)と日本オラクルは10月1日、SOA分野における協業を強化するとともに、B-EN-G内に「Oracle Fusion Middleware」を活用したSOAを推進する専門組織を設立することを発表した。

 B-EN-Gは日本オラクルと共同でミドルウェアを中心とするERP基盤領域に関する研究、開発、営業活動を推進。B-EN-Gが開発した生産/販売/物流パッケージ「MCFrame」とパートナー企業9社のソリューションを「Oracle Fusion Middleware」のSOA基盤で連携した内部統制対応を支援するワンストップソリューション「CONTROL2006」を2006年10月に発表している。

 今回の発表によりB-EN-Gは、Oracle Fusion Middlewareを活用したSOAを推進する専門組織「オラクルフュージョンテクノロジーセンター」を設立。日本オラクルからの最新技術情報の提供に加え、B-EN-G専門窓口の設置などの支援を受けながら、顧客のSOA基盤構築を支援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR