Seasarプロジェクト、JSF実装「Teeda 1.0.11-SP1」をリリース

荒浪一城 2007年10月11日 19時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月10日、SeasarプロジェクトはJSF実装のTeeda 1.0.11-SP1をリリースをした。

 Teedaは、「JSF meets DI x AOP」を掲げ、プレゼンテーション層の開発を容易なものにすることを目標に開発されているSeasarファウンデーション発のJSF実装。Page駆動型開発で、POJO(Plain Old Java Object)による実装が可能という特徴を持つ。

 Teeda 1.0.11-SP1における変更点は下記のとおり。

  • doOnce〜()で二重サブミットされた場合、遷移前の画面に戻って新しいトランザクショントークンが発行されるため、結果的に二重登録が可能となる問題を修正した
  • ForEachでitemsSaveを使っていない場合、do〜()が呼び出された際にxxxItemsがnullになってしまう問題を修正した

 Maven2からの利用は「SeasarWiki」を参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR