日本コムシス、RFIDタグ活用したラック型鍵管理システムを発売

吉澤亨史 2007年10月11日 20時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コムシスは10月11日、オフィス内の情報セキュリティを強化するラック型鍵管理システムの販売を10月から本格的に展開していることを発表発表した。

 このシステムは、企業の社員が共同で利用するオフィス内の鍵やPC、CD-ROMやUSBメモリといった外部記憶媒体など、厳重な管理が必要な物品にRFIDタグを取り付けて使用するというもの。RFIDタグを取り付けられた物品は、IPネットワークを通じてリアルタイムで予約・持ち出し・返却状況を一元管理することができる。

 利用者は、保管している物品の中から「誰が」「いつ」「何を」利用するかをあらかじめPCを通じて予約する。利用する際には、IDカードをかざしてラックを開錠する。開錠と同時に、その利用者が利用予定となっている物品のRFIDタグの位置にあるLEDライトが発光して利用者に知らせ、この際、予約している内容以外の物品を取り出そうとすると、アラームが発生し、許可なく物品を持ち出すことを防ぐ。

 ラックに返却する際にも、貸し出しの際と同様に返却者を確認することができる。ラックの扉の開閉や物品の取り出しと返却、また予約外の物品を取り出そうとした場合など、すべての履歴が管理PC側に蓄積されるため、社内の情報セキュリティ対策の強化に役立つとしている。

 ラックには、1台につき最大70個のRFIDタグを使用することができ、複数のラックを組み合わせて利用することもできるため、管理対象となる鍵や物品の個数に応じてラックを導入することが可能。ラック内のレイアウトはカスタマイズが可能なため、保管する物品の大きさや形状に合わせて自由にデザインすることができる。

 日本コムシスでは、設備事業関連の企業や物流・運送関連企業を主な対象に、今年度は1億円を目標に販売するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!