「Oracle Database 11g」発表--企業データの大容量化、多様化をサポート

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月12日 10時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleが主力製品としているデータベースソフトウェアは、米国の大統領選挙と同じくらいの頻度でアップグレードされている。そのため、Oracleが米国時間7月11日、「Oracle Database 11g」には発売を待つだけの価値があると、説明に力を入れていたことは驚くには値しない。

 11gは、企業の素早い動きや、企業が集める膨大なデータをサポートすること重視して開発されたと、Oracleのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントBob Shimp氏は述べる。同氏によれば、新版は、従来製品よりも効率的にストレージを管理し、アプリケーションの導入にかかる時間を短縮するものになっているという。

 Oracleがデータベース事業を主力としていることは以前とあまり変わらないように見える。Oracleは大規模な買収を行うなど、これまで何年もかけてソフトウェアアプリケーションのビジネスを拡大する努力を重ねてきた。しかし、同社は依然として、売上の70%近くをデータベースソフトウェアから上げている。

 その一方で、企業によるデータベースソフトウェアの利用方法は変化している。Shimp氏は、データベースの販売をけん引する要素として、企業が蓄積する幅広い種類の画像(地図や医療診断用の画像、写真、動画など)への対応や、RFIDデータの保存、管理を可能にすることだと述べている。

 Oracleのサーバテクノロジ担当シニアバイスプレジデントAndy Mendelsohn氏は、このような「コンテンツ管理」をめぐる機能が、データベースの販売を促進すると述べる。同氏によれば、11gは従来版よりも、非構造化データを高速に保存、抽出し、暗号化にも対応しているという。

 今週は、Oracleの顧客が11gに移行するか否かをテーマにした記事が、多くのメディアに掲載されている。ある調査では、回答に応じた顧客の35%が発売から1年以内に11gにアップグレードする計画だと回答している。また53%が、2〜3年経ってからアップグレードする意向を示している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化